INTERVIEW

インタビュー

弁護士 役員 堺オフィス店長
山本達也

様々な法律分野に
自主的に取り組める事務所です。

現在のお仕事内容を教えてください。

私は、堺オフィスを任されております。堺オフィスに来られるクライアントや案件は多種多様で、どの案件のご依頼をお受けするかどうかなどの裁量を与えられております。やはり、積極的に様々な法律分野に自主的に取り組めることが、良いところだと思います。勿論、内容によっては、先輩弁護士の意見を聞きながら、協力して事件に取り組むこともあります。また、私の地元は堺なのですが、その地元に密着して事件に取り組めることもありがたく、クライアントからお礼の言葉を言っていただけると、地元に何かを還元できた気持ちにもなります。

新しいことをやろうとしている
姿勢に惹かれました

ロイハイに就業するきっかけは何でしたか?

私が就業したときは、まだ私も含めて3名の事務所でした。そのときから、新しい分野ややったことのない事件に果敢に取り組む姿勢がありました。私も新しい事件をやって弁護士としての経験を積みたいと考えていたので、就業を決めました。すると、入ってからしばらくすると、仕事ぶりを認めてもらったのか、堺のオフィスを開設することになり、私に堺オフィスを任せていただけることになりました。力を認めてもらったと思いうれしかったのを覚えています。

いろいろありますが、
特に印象的なのは仮差押えの案件と法人破産の案件です。

最近取り組んだ業務は何でしょうか?

私が扱う事件は、法人破産などの破産案件や個人再生・離婚・慰謝料・その他民事事件・刑事事件など種々あります。私が以前に勤めていた事務所は、いわゆる過払い事務所だったため、十分な経験が積めませんでしたが、ロイハイに来て、様々な事件に取り組めています。最近印象的だったのは、仮差押えの案件です。民事保全は、弁護士の実力を問われる事件とも言われたりします。担当した案件は、正直認められるか微妙との見通しを持っていましたが、十分な起案を行い、保全が認められました。また、法人破産は、事業停止のタイミングや業者への物品の処理など注意を払わなければならない点も多く、とても興味を持って取り組みました。

事務所の拡大に貢献して、
より多くのクライアントに
満足いただきたいです。

これからどんなことを目標に仕事をしていきますか?

これは、私の目標でもあり、事務所の目標だとも言えます。私は地元の堺で堺オフィスを任されています。 堺の街が繁栄することは私の希望です。ただ、堺というエリアに囚われず、例えば岸和田や東大阪など、そういった地域でも事務所としてより大きく対応していきたいと思います。また、弁護士としてより経験を積み、プロフェッショナルとしての事件処理を行い、結果を出すことですね。